スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

シンパシーカード

2009/10/03 Sat 07:28

091003c.jpg

ご家族を亡くされた友人にカードをおくりました。

こういうときって、どんなふうに、どういうタイミングで
声をかけていいのか迷います。
カリグラフィーの文字に思いをこめて、、、

このカードはその友人に以前いただいた水彩毛筆の
セットを使って、慣れないブラッシュライティングで
かきました。
水を筆先につければ濃淡ができるので、色々な
表現ができそうです。


091003g1.jpg

朝露のようにキラリと光る小さな小さなシールを
点々と貼りました。



091003c2.jpg

これは同じく白百合をカッターで切り抜いて表現したもの。
組み合わせる色によって、いろんな用途に使えそうですね。


外国だと「神様は。。。」といった色々な温かい言葉の表現が
あるのですが、日本では宗教上、使える表現が限られますね。

With sympathy とか Thinking of you とか。
何か他にも心のこもった表現があれば教えてください。



↓↓↓応援クリックどうぞヨロシク♪
人気ブログランキングへ

ありがとうございます!




スポンサーサイト
カリグラフィー | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
素敵なカードですね、シールもかわいい。
シンパシーカードという言葉を初めて聞きました。この種の手紙とか葉書などを何と呼ぶのか知らないのですが、この言葉はいいですね、ひとつ勉強しました。
ヤマネさん
友人の場合は、伝統的水引のついた封筒や電報を届けるより、こんなカードと御花などで思いを伝えるほうが、しっくりくる場合が多いですよねー。いくつかバリエーションを考えてみようかな。

管理者のみに表示
« そっち? | HOME | あきあき »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。