スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

節分

2009/02/02 Mon 14:13

総社のきび工房さんのブログに書いてあったのですが、
節分に煎り豆をまくのは「芽の出ない煎り豆と
同様に恐い鬼も出てこないように」ということ
なんだそうです。へぇー、知らなかったです。


090202bn.jpg

生の豆をまかれたら、こんなになっちゃったりして!?


鬼もきっと人の子なのでしょうから
豆をぶつけられたらかわいそうですね。


090202bn1.jpg

そうそう、仲良く丸ぁるく。


中国の古い占いの多くは、節分を境に
翌日2月4日からを新年とするそうです。

1月に体調を崩した友人が多かったのですが、
そういう節目で考えると、1年の疲れが出る
時期なのかもしれませんね。

節分に景気良く豆まきをして、清清しく
気分を一新していきましょう♪


**人気ブログランキングに参加しています**
banner_04.gif

 ↑↑↑
クリックしていただけるとポイントが入ります♪
いつも応援ありがとうございます!
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
「木の芽だち」とは良く言ったものですよね。私も、このころには、なぜかふわふわと船酔い気分の日々です。

私の祖母も、2月3日「節分」を境目に干支を言うみたいで、
2月3日までは、子年で、2月4日からが丑年といった感じでね。
そして、節分には、雪景色の京都の綾部にお参りし
「福は~内 鬼も~うち」と豆まきをしていたことを思い出します。

また、節分を
「木の芽春立つ真正月」と新しい年のはじまりと言ったりします。

近代化って、大切なことを忘れていってるのかも
サザエさん
2月は1月と同じ気温でもどこかゆるりとしていて、春を感じますよね。敏感な方々は心身の調整が大変かもしれませんが、春の予感がしてうれしくなる私です。
旧暦は自然によりそっていますよね。気持ちにぴったりくるかんじ♪

管理者のみに表示
« 野次猫 | HOME | ニャン徳? »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。