スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

段差をのりこえ

2007/09/27 Thu 10:57

カリグラフィーの講座で雑談していたら、
生徒さんの一人が膝が痛いという話から
それを和らげるためには筋肉が必要だという
話になった。(どういう講座?)

トド家と同じように田舎暮らしをしている方が
「家は古い日本家屋で段差があるし、庭の草取りやら
畑仕事やら。井戸水をくみ上げたり。
生活しているだけでけっこうな労働になるのが、
自然と体を鍛えることにつながっていて良いのかも
しれないですねぇ。」と話していた。

我が家も古民家。
070927h2.jpg
玄関を入るとまず段差。
50センチはあるんじゃないかな。


070927h1.jpg
トド母は手すりと簡易のステップを
使っていますが、一日に
何度も上り下りします。


070927h3.jpg
物置だった2階を無理やり仕事場に
したので、階段は梯子のような
簡単なもの。これも段差が大きく
不安定です。
(子猫がよく階段の裏に滑り落ちて
 います。あはは)

今ではこの階段に慣れて、宅配便などが
来ると駆け下りて玄関に行く私ですが
最初のうちは怖かった。


070927h.jpg
他にもこんなわずかな段差があちこちに。
晩年、足が弱ったトド父はこの段差に
苦労していました。

070927n.jpg
外にも不安定な障害物はたくさん。

というわけで、人も猫も日々の
生活がトレーニングになっているんで
しょうね。


**人気ブログランキングに参加しています**
banner_04.gif
 ↑↑↑
ブログを気に入っていただけたらクリックで
応援してください♪よろしくお願いします。
いつも応援ありがとです。


070927bn.jpg昭和うさぎ跳世代。
あぁ、そうだとも。


スポンサーサイト
家のこと | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
うさぎ跳びで学校一周! とか、ハングリー精神を植えつけるために飲まず食わずで真夏に11時間ぶっ続けで練習! とか、思えば昭和世代は理不尽な目に遭ったのですよね(笑)。炎天下で倒れても蹴飛ばされてベンチ裏に引きずっていかれて放置されてました。
すんません、ビリー君のうさぎ跳びがツボにきてしまいました・・・
はじめまして、
ヤマネさんとこからお邪魔しました。
今は何かとバリアフリーと言いますが、老人福祉の施設の中には中庭などに敢えて凸凹をつけるところもあります。教科書的には×ですが、筋力はもちろん平衡感覚のリハビリになります。
そう、古い家は土間からの上がりが高~い(^^;)座敷に上がってしまえば襖の間仕切りだけで、座敷は平坦なんですけど。。。

うちは改築で田の字の部屋を2間だけ下げてもらった。逆バリアフリー
私の足腰が立たんなる頃には、家もおえんなりゃ~ええと宣言して工事した。知~らね。。。
古民家とか、大好きですけどね。
なんだか、流れる空気が違いますよね。
夏の朝とかの、少し湿ったような、冷たい風の香りとか、
すごく擽られちゃいますけど…!?
出来ることなら、暮らしてみたい。
ヤマネさん
うさぎ跳びが大嫌いだったアシカです。しばらくして膝に悪いからとかいって禁止になりましたよね。水はしっかり飲みなさいと変わったし。まったくね。それにしてもヤマネさんたら、本気で体育会系だったのねぇ。

はぶさん
はじめまして!
段差や障害物は危なっかしいけれど、ゆっくり注意して乗り越えることも大切なんでしょうね。先回りして危険を取りはらうばかりが思いやりじゃないんだなー。

黒猫さん
床を上げるってよく聞くけれど、下げるってイメージができないの。いつか見学させてください~
襖を取ってしまえば大広間になるのが日本家屋の良いところでもあり、プライバシーが守りにくいところでもあり。。。

みみかさん
古民家の夏は、現代の住宅にくらべて快適ですよ♪ 風通しが良いし。でも冬は寒い!ま、それが自然といえばそうなんですが。四季を感じる古民家、山には主のいない家がたくさんありますよぉー。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。