スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

きゃらぶき

2007/05/06 Sun 10:15

070504a.jpg
「どっかに、うまそうな子スズメはいないかしら。」

ゴールデンウィーク中も野外活動が忙しいアズさん。
トカゲやカエルさん等とも仲良くしているのでしょう。
旅の土産はくれぐれもご心配なく。
ホントに。心臓に悪いですから。


ぐんぐん伸びてきた裏庭のフキで「きゃらぶき」を
つくりました。

070503_kyara1.jpg
灰汁抜きをして、適当な長さにカット。

アシカのレシピ
山ぶき 1握り(200~300グラム?)
醤油 100cc
酒   80cc
昆布だし 200cc
砂糖   大さじ1
水あめ 大さじ2

灰汁を抜いたふきを鍋に入れて、醤油を70ccと酒、
昆布だし、砂糖を入れて20~30分煮る。

さらに水あめを入れて15分煮て冷ます。

残りの30ccの醤油を足して、15分煮て完成!

070503_kyara.jpg


今回は昆布だしを作ったときの昆布も刻んで一緒に
入れてしまいました。
砂糖はてんさい糖を使いました。


東京のアシカ母に送ったら「フキがほろ苦くて
おいしい~」と言ってました。
スーパーで売っているのは、太くて苦味が
あんまり無いそうです。

フキも筍もそうですが、灰汁を抜くところ
までが難関ですね。それを超えればあとの
調理は楽ちん!

春の味覚を楽しみましょう♪


人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします♪
バナー

スポンサーサイト
家ごはん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
遂に逆転!!
ランキング見たら、逆転してましたね!!やったぁ。
(トドさんのも応援してますけどね)

きゃらぶき、もう作ったんだ!(^^)!
美味しそうね。
都会で売っている蕗は山蕗と違って味がおとなしいのよね。ウドもタラの芽も栽培物は仕方ないわね。
こちらはタラの芽が収穫できる時期になりました。
連休も明日までです。今日は雨模様で静かだわ。
ぶ~わん奥さん
逆転!は一瞬でした。。。とほほ。
トドは休日に弱いんですよ。会社で見てくださる方が多いのかな?
ほろにがさは、春の味覚ですよね。
山菜を摘む時の香りや手触りも味わえるのは、山暮らしの特権ですね!

MASAさん
DVDを観ながら、ひたすら皮むき。春は豆のスジをひたすらとったりとか、食べるまでに一手間かかるものが多いけど、味わう喜びを思えば、なんのその!ですわ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。