スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

クリスマスリース

2006/12/15 Fri 21:15

今日は早朝に広島に向けて出発!
お昼前に広島の友人が主催しているカリグラフィー作品展
を観て、その後、とある会社でミーティング。
先ほど帰ってきました。

作品展はとても暖かみのある空間ですてきでした。
観にいけてよかった!岡山と広島は近いですから
お互いに交流できるといいですね。

クリスマスカード
これは最近描いたクリスマスリースです。
古い雑誌のリースの写真を引っ張り出してきて
透明水彩で描きました。
スキャンしてカードに印刷して、贈り物の
お礼状やクリスマスカードとして使っています。


スポンサーサイト
イラスト | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
本当に、すてき。
こんな絵が描けたら、それだけで人生が豊かになるだろうな~~!
透明水彩ってどんなものなのですか?どんなふうに使うのかしら?
無知ですみません。
あ~~、ますます自分の年賀状の絵が貧弱に見えてきたダス。
リュウ家のジジ&ババさん
絵の具や筆の特徴がわかってくると
絵を描くのが楽しくなります!
私もずーっと試行錯誤中です。

透明水彩は名の通り、絵の具に透明感があるので、
何層にも重ねて塗ることで、複雑な表情を出すことができます。

小学校などで使っていたのは不透明水彩。
上に塗った絵の具で下の色を隠してしまいます。(濃度にもよりますが。)
この違いは実験するとすぐわかるんですけど、言葉で説明するのは難しいですねぇ。

あ~、そうなんですか。
それでは、例えば、この絵のバラの濃淡なんかが、透明水彩だと出しやすいと言う事ですか?色々聞いてごめんね。研究してみよっと。ありがとうございました。
リュウ家のジジ&ババさん

そうですね。最初に淡いピンクで絵の具を
描いてから、影の濃いピンクを重ねて塗って
立体感を出すという感じです。透明水彩の場合、
淡い色を先に、濃い部分を後で塗るパターンが
多いのではないでしょうか。
白い部分は紙の色をそのまま残します。




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。