スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

葡萄の房づくり

2010/06/24 Thu 10:47

100624v4.jpg

家の周りの畑では2度目のジベ処理(我が家はフルメット)が済み、
粒がぐっと大きくなって葡萄の房づくりの時期に入りました。

今までの粒間引きが大雑把なデッサンだとすると、房作りは
仕上げの描きこみのようなかんじ。。。って通じるかな?

100624n3.jpg

「やったるで!」

シマも気合だけは一人前です♪


先日ブログ読者の方から、庭の葡萄の画像が送られてきました。
この方、葡萄のためにおしゃれな棚を作り、ジベレリンまで
取り寄せて処理したという熱意をお持ちの方。
すっ、すばらしいっ

100624v5.jpg

この葡萄が大粒になる品種だとすれば、赤いラインあたりで
中心の軸をカットして、大きく張り出した粒や中に入り込んで
キュウクツそうな粒を取ると、全体がのびのびと大きくなるの
ではないでしょうか。

袋がけも気にされてましたが、白い袋はカラスへのアピールにも
なりますので、ちょっと心配ですが、ネットでもかけますか。
しかし、美観的にはどうでしょう。うーむ。。。
食べたいのか、見て楽しみたいのかによって、ですね♪

葉っぱは梅雨時カビやすいので、密度が濃すぎれば少し減らす程度で。

にしても、これから色づいてくるなんて楽しみですねぇ。
やっぱり果物栽培は楽しいです!


以下参考までに。(品種は紅伊豆)

100624v.jpg

これも赤いラインで中心の軸をカット。

100624v1.jpg

粒も間引いてすっきり。。。しすぎたかも!?


100624v2.jpg

これも粒がこれから2倍くらいに大きくなる予定なので。

100624v3.jpg

風通しよく減らします。

とはいえ、我が家は房の形には対してあまり神経質ではないので
さっくりとチェックする程度。
岡山の葡萄農家のみなさんは、もっとプリプリで立派な房を
仕立てています。


細かい作業がめじろ押しのこの時期。
同業者のみなさん、元気出していこーぜぃっ


応援クリックありがと~♪
人気ブログランキングへ









スポンサーサイト
葡萄を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。