スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

青いぶどう

2008/09/13 Sat 07:48

080912v.jpg

すでに収穫期を終えたハニービーナスです。
名前の通り、蜂蜜のような甘さがあり、
熟れると画像のように金色に輝く。。。というと
おおげさかもしれませんが、黄色味をおびます。


080912v4.jpg

かたや瀬戸ジャイアンツ。
木が安定するまでに5年ほどかかるので、我が家ではまだ
まともな木が1本しかないのですが、どうですこの青さ。
酸味が強そうに見えますが、今ちょうどさわやかな甘味で
食べごろです。


同じ緑系の葡萄でこの差は何か。


実は葡萄を包んでいる袋にあるのです。

080912v3.jpg
瀬戸ジャイアンツには青い袋をかけて
黄色くなるのを防いでいたのですねー。

業界のみなさんは美しい葡萄のために色々
工夫を重ねておるのです。

こうした梱包材や資材は産地ごとに発展しているので
たまに別の産地を旅すると新たな発見があっておもしろいん
ですよ。


話はかわりますが、みなさん、葡萄はどうやって食べていますか?
我が家に来るお客さんは、丁寧に一皮一皮むいて
食べる方が多いのですが、手が汁でよごれてしまうし
何よりおいしい皮のまわりの果汁が落ちてしまうのが
もったいないなぁと思いながら見ています。

人前だから、お上品にめしあがっているのかもしれませんが
やっぱり葡萄は思い切りよく

080912bn.jpg

こうして、吸って食べたほうがおいしいんですよー。
瀬戸ジャイアンツやヨーロッパ系の皮の薄い葡萄は
皮ごとポリポリ食べますが、その他のぶどうはぜひ
チュッと召し上がってみてくださいね。


**人気ブログランキングに参加しています**
banner_04.gif

 ↑↑↑
ブログを気に入っていただけたらクリックで
応援してください♪よろしくお願いします。
いつも応援ありがとう!とっても感謝です。
スポンサーサイト
葡萄づくり | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。